日本では稼ぐのは男性で、家事育児をするのが女性といった考え方がいまだに根強く残っています。近年では女性の社会進出がしやすくなったといっても、まだまだ女性が活躍しにくい環境だと感じている人は多くいるのではないでしょうか。
男性のように活躍したいと考えていても、出産などの女性ならではライフイベントが入ってくると活躍するのは難しいのが現状です。
しかし、それでも男性と同じように活躍している女性が多くいることをご存知でしょうか。そんな女性になるためにはどうしたらいいのでしょうか。

まず考えて欲しいのが5年先、10年先のことです。長期間の目標を立てて行動することで女性でも活躍しやすくなります。

女性は、結婚や出産を機に一時的に職場を離れる人が多いです。育児休暇などはありますが、一時的に職場を離れてしまうと、今まで自分がしていた仕事を別の人がしていて、自分の居場所がない、復帰しても職場を離れる前のような仕事がさせてもらえないといったケースは多くあります。こういったケースでは、会社の対応以外にも、自分が出産をして一時的に職場を離れ、その後の自分のポジションについて深く考えていなかったことが原因の一つでもあります。

会社が良い組織作りをしていれば、出産後にすぐ復帰することも可能なのですが、会社は利益を追求する必要があり、社員一人ひとりの状況に対して対応するのは難しいです。働き始めて5年後、10年後には結婚をして出産し、この後また職場に復帰したいのであれば、しっかりとスキルを身につけておく必要があるでしょう。同じ職場で働くことができなくても、転職の際にその努力やスキルは大きな助けとなります。