忙しい日常を送るワーキングマザーにとって、仕事と家事育児の両立は避けて通れない課題です。両立をする為には、まず、全てのことを完璧に行おうと考えないことが大切です。

料理に関しては、一汁三菜をきちんと作る必要はないのではないでしょうか。一汁一菜でも、割り切って考えることが肝要です。もし栄養面で不安があれば出来合いのサラダや穀物類を取り入れるなどでも良いかもしれません。
カレーや豚汁など、作りおきができるものを冷凍保存するなどして、先々の料理にかかる手間を少しでも省くことも手抜き家事には欠かせません。時間のない時や疲れている時などは、冷凍食品やスーパーのお惣菜、デリバリーなどをうまく利用して、無理をしすぎないように考えましょう。

また、掃除もできるだけ手を抜いて、負担を減らしていきます。普段の掃除はある程度で済ませ、きっちりとした掃除は週末のみ行うなど、生活の負担にならない範囲で行うようにしましょう。普段軽くでも掃除をしていれば、思っているほど汚れはたまりません。

最近では家電も進化しており、家事の手抜きを手伝ってくれます。
洗濯機の乾燥機能を使えば、外に干す手間を省くことができます。また、食器洗乾燥機やお掃除ロボットなど、便利な機器類をうまく使いながら、できるだけラクに過ごせる方法を考えることが大切です。

さらに、パートナーと家事育児の負担を分け合うことも、両立する為には欠かせません。家事育児にはしなければならないことがどれくらいあるのか、全て洗い出して紙に書きだし、それを見せながら、できるだけ夫婦でシェアできるように話し合いましょう。家族で共有できるカレンダーアプリなどを作っておくと、保育園や学校などの行事ごとや予定、家族の予定を入力して共有することができるので、大変便利です。