女性が働きやすい社会を作るための取り組みは、全国の自治体や民間企業にとって重要なテーマの一つとして位置づけられるようになっています。特に、女性の管理職や若手の社員が活躍している官公庁や大手企業の中には、年齢や出産、育児などをハンデに感じることなく女性が活躍できるシステムを導入しているところが少なくありません。

たとえば、女性社員の割合が大きい企業においては、産前産後休暇や育児休暇の期間を独自に延長したり、日々の業務量や勤務時間を大幅に見直したりすることで、個々の社員が活躍しやすい環境づくりが行われるようになっています。そうした中、入社後に不安なくキャリアアップを図るには、女性の平均勤続年数が長いところや、希望通りに長期休暇を取りやすいところを就職先の候補に選ぶことが肝心です。

女性の活躍を推進している企業の魅力については、様々な求職サイトや求人アプリなどで紹介されていることが多くなっているため、就活中に気になる企業のチェックは欠かさず行っておきましょう。

また、長期休暇の後の職場復帰に向けたサポートの内容については、それぞれの企業の方針によって大きな違いがあるため、面接の際にきちんと担当者に話を聞く必要があります。
その他にも、女性社員の過去の休暇取得状況や給与モデルを公開している企業もあるため、働きがいのあるところを見極めるうえで、積極的に企業ごとの特徴を比較することも大切です。